.

自動車の損害保険には任意保険および自賠責保険に代表される2つの種別が存在します。

自賠責保険、任意保険ともにいざという時の事態など遭ったときの補償に関するものですが契約の内容は細かな点で違っています。

二つの保険を比較すると補償が適用されることが区別されているのです。

※相手に対しては「任意保険」「自賠責保険」の双方で補償が可能です。

※自分自身に関しては【任意保険】のみによって補償できます。

※自己が所有する財産に関しては「任意保険」を用いて補償します。

自賠責保険それだけでは、自分自身の怪我または愛車についての補償などの支援は受けることができません。

続いて相手に対する補償などですが自賠責保険であれば亡くなられたケースでは最高額で三〇〇〇万円、後遺障害時最大で4000万円などというように定められているのです。

賠償金がこの額を超えることは起こり得ます。

また加えて相手方の所有するクルマまたは不動産を破壊してしまった場合に関しては、事故を起こした者による全くの自己補償になります。

そういった負担を防ぐため任意保険が重要なのです。

害を被った者に対する救済を主眼としている任意保険にはしかし、それとは一線を画す役割があるのです。

※事故の相手方へは死亡時もしくは傷害の他、自動車もしくは家といった種類の対象物を賠償してくれるのです。

※自分自身に対しては、搭乗者も含め、死亡時または負傷を補償してくれるのです。

※自分の財産に対しては自動車を賠償してもらえるのです。

こういった色んな面について支援が行き届いているのが任意保険最大のストロングポイントです。

保険料の負担はどうしても必要となってしまうこととは引き換えに、事故を起こした時の相手方のためにも自分のためにも、乗用車に乗るならぜひとも任意保険というものに加入しておくべきでしょう。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.wakeup1776.com All Rights Reserved.