.

よくある経験の浅い方向けの外国為替証拠金取引のテキストでは「損が生まれた場合はナンピン買いで、ポジションの平均を買い付けコストを低くする」等と書かれていたりする事もありますが現実的にはナンピン買いにはかなりの罠があります。

とりあえず、ナンピンの理屈について手短に説明しておきます。

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。

$買いなので円安に推移するほど利益が出るわけだが、逆に1ドルが95円まで円高・ドル安方向に触れたとします。

そのままの状況でポジションを維持し続けたら損失が回復するまでには、ドル安になった分、ドル高に動かなければなりません。

みんな、マイナスは出来るだけ早く0にしたいと願うでしょう。

そこで最初に注文したのと同じ額の$を、1ドル=95円で買います。

これで、平均の単価は1ドル=97.50円まで引き下げることができます。

つまり、2.50円の幅でドル高に向えば、赤字を回復する事ができます。

こういったことがナンピンの理論です。

こういうふうに、ナンピンの方法を目にすると、「納得だ」という考えになるがマーケットは容易には思った通りにはなりません。

そもそも、1ドル=95円が下値だということなど、誰一人として予想できません。

たとえば、マーケットが円高ドル安基調であれば1ドル=95円では収まらず、より円高が進むリスクがあります。

たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても1ドル95円まで円高になっとしたならばナンピンをした分についても、差損が生じることになってしまうのである。

そういう状態では最初に取引したドルと同時に二重の損失を被ることになります。

例示したとおり、ナンピンは難しいです。

それなら、為替が脚本とは反対にさっと向ってしまった場合、いかなるやり方で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

こういう状態で取るべき方法は2つ。

ひとつは執着しないで損切りをすること。

もうひとりは、今現在、自分か保持しているポジションを小さくする事で再度相場が戻るのを大人しく待ち望むことです。

だいぶ後ろ向きな手法だと思う方もいると思います。

しかしながら、自分が保持している買いポジションに損が生まれた場合効果のある手法はこれ以外には期待できない。

確かに、ロジックとしては、ナンピン買いという手段もあると思います。

しかしナンピンは、自分自身が損をしている状態で、ポジションを整理するどころか、買いポジションを積んでいく対策です。

この対策では、危険を制御することなど、どう頑張ってもやりようがないと思ったほうかいいだろう。

ナンピンを続けられればいつの日にか損失が回復するかもしれません。

しかし、そうなる前に投資資金は不足してしまいます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.wakeup1776.com All Rights Reserved.