.

自賠責保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険と言い、略すと自賠責保険と呼ぶものになります。

この保険は通称強制保険とも呼ばれていて車を決められた期間ごとの車検に通す時はその車検期間に適用される自賠責保険に入っていなければなりません。

要はすべての自動車に加入義務のある保険です。

では車に自賠責保険が付いた状態で売りに出した際にはどうなるか考えてみましょう。

自賠責保険は車検のときに更新になるというケースが比較的多く存在しますが仮に強制保険に加入した車を売却した際は払った金額が返金されることはほとんどないのが普通です。

なぜなら、自賠責保険を一回外して次の買取相手に移行するということは結構手間がかかるのです。

ですので強制保険(自賠責保険)の場合は名義を変えて車とともに譲ることが普通です。

ただそれと同等の金額を買取額に足してくれます。

強制保険(自賠責保険)は自動車税と違い既に納めた額を月々で割った額が返還される方法ではなく、査定に上乗せ方法を使うことが通常ですが見積もりシートに載るケースは珍しいです。

なので、引き取りのときは自賠責保険の分の額が査定額に反映されているかをチェックする必要があります。

自らが納付した金額がどの程度かを知っておけば間違いはないと思います。

自賠責保険にかかる額については加入期間により違ってくるため確認が必要です。

自動車の乗り換えの際には自賠責保険の名義変更をする必要があります。

仮に名義書き換えをしていなければ保険業者から自分宛に自賠責保険の満期の知らせが来てしまいます。

あなたの車がより正確に判断され高く売れることを応援させて頂きます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.wakeup1776.com All Rights Reserved.