.

クルマを売却するとき、そして売却手続きのさいもどちらも印鑑証明がなければなりません。この印鑑証明について解説していきます。印鑑証明とは実印であることを保証する書類です。これがないのであれば、その印鑑について実印として効力を持つことが実証できません。決して小さくない商談になる自動車の買い取りなので必然的に実印が必要ですがその時にこの印鑑証明も登場します。印鑑証明という書類を発行するためには、発行前に印鑑証明の手続きをしなければなりません。印鑑証明に登録する印は通称、実印と呼ばれていて、世界で唯一のはんこであることが条件です。実印を手配して、最寄の市役所などの受付へいけば、印鑑登録の手続きができます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードがもらえて、印鑑登録をしたハンコは実印になったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうには、役所の担当部署へ出向き専用の書類に必要項目を書いて、印鑑登録カードを持って行くだけです。そして、自動交付機を使って交付することができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。ですので、どれだけ前の印鑑証明であろうが効力は消えないことになります。しかし、クルマ売却の際は印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。ほとんどの場合期限を定める必要はありませんが、車買取の際は相手側が期限を教えてくれるので、もし車の売却を考えているのであれば、最初に持っておくとスムーズに進みます。

Copyright (c) 2000 www.wakeup1776.com All Rights Reserved.